数千年を超える価値を持つ農業遺産

Nakamura, Koji and Blasiak, Robert, (2013). 数千年を超える価値を持つ農業遺産. ourworld.unu.edu, n/a-n/a

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Website article
    Author Nakamura, Koji
    Blasiak, Robert
    Title 数千年を超える価値を持つ農業遺産
    Appearing in ourworld.unu.edu
    Publication Date 2013-03-27
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Start page n/a
    End page n/a
    Language jpn
    Abstract 人間の集団農業の遺産は数千年にもわたって私たちを支えてきたが、今では、加速する世界の傾向に脅かされる一方である。たとえば過去50年において、世界の食料生産高は3倍に増加したが、その代償として世界の資源ベースは甚だしく損ねられた。灌漑に依存している地域では地下水面が急激に沈下している。また、地方部から都市部への未曾有の移住が世界規模で発生しているのに伴って、人間と自然の調和ある相互作用から何世代もかけて形成されてきたランドスケープが放棄されている。 2013年2月19~20日に開催された世界重要農業遺産システム (GIAHS)の第2回国際セミナーの参加者が重点を置いたのは、こういった事柄だった。グローバルGIAHSコーディネーターでセミナーの基調演説を行ったパルヴィス・クーハフカン博士によると、食料生産は地域の文化および伝統と密接に結びついていて、どちらかが欠けている例に出くわすことはまずない。現在、5つのカギとなる基準に基づいて、世界の19カ所がGIAHSサイトに認定されている。それらはいずれも豊かな生物多様性、地域の知識、文化の多様性、ランドスケープの多様性を特徴としている。
    UNBIS Thesaurus AGRICULTURE
    BIOLOGICAL DIVERSITY
    OCEANS
    FOOD SECURITY
    Copyright Holder The Authors
    Copyright Year 2013
    Copyright type Creative commons
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 634 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 17 Feb 2017, 16:41:13 JST by Dunbar, William on behalf of UNU IAS