リオ+20擁護論:歴史的観点から振り返る

Blasiak, Robert and Kipp, Robert, (2012). リオ+20擁護論:歴史的観点から振り返る. ourworld.unu.edu, n/a-n/a

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Website article
    Author Blasiak, Robert
    Kipp, Robert
    Title リオ+20擁護論:歴史的観点から振り返る
    Appearing in ourworld.unu.edu
    Publication Date 2012-07-13
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Start page n/a
    End page n/a
    Language jpn
    Abstract リオ+20が始まるまでの数ヶ月間、グリーン経済への移行による持続可能な開発の実現という展望に関して、議論と関心が着実に高まっていった。しっかりとした研究に基づく出版物が広く読まれた一方で、ニューヨークからナイロビにいたる各地でのイベント会場やコーヒーショップや会議室では、ガバナンスや環境問題や社会問題に関するディスカッションが行われ、持続可能な開発に関する主な問題や未来に向けた選択肢をさらに明らかにしていった。 リオ+20開催中の議論について言えば、そのプロセスは過小評価されるべきではない。様々なステークホルダーが参加し、リオ+20のプロセスがアイデアやメッセージをさらに洗練したという事実は、すべての関連組織が今後、成果文書で合意された正式手続きを行う際に揺るぎない基盤となるだろう。成果文書は私たちが望んだものよりも頼りないとしても、間違いなく私たち、すなわち持続可能な開発を望む社会は、以前よりも強くなったのだ。 私たちが前進するための課題は、こうしたエネルギーを維持し、満たされなかった期待から生じたかなりの悲観主義に直面してもなお、本会議の重要な成果の上に未来を構築することである。
    UNBIS Thesaurus CLIMATE CHANGE
    SUSTAINABLE DEVELOPMENT
    GOVERNANCE
    TREATIES
    BIOLOGICAL DIVERSITY
    Copyright Holder The Authors
    Copyright Year 2012
    Copyright type Creative commons
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 642 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 17 Feb 2017, 16:26:12 JST by Dunbar, William on behalf of UNU IAS