ラムサール条約の新たな局面

Blasiak, Robert and Bridgewater, Peter, (2012). ラムサール条約の新たな局面. ourworld.unu.edu, n/a-n/a

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Website article
    Author Blasiak, Robert
    Bridgewater, Peter
    Title ラムサール条約の新たな局面
    Appearing in ourworld.unu.edu
    Publication Date 2012-06-13
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Start page n/a
    End page n/a
    Language jpn
    Abstract 今日、ラムサール条約の締約国は160ヵ国にのぼり、同条約が昨年40周年を迎えたことからも、グローバル社会で継続的に影響力を発揮していることは明らかだ。現在では全世界で2000カ所以上の湿地が登録されており、総面積は190万平方キロメートルを超える。ラムサール条約は、新たな40年に入るにあたり、これまでになかった課題に直面している。その中でも特に重要なことは、明快な定義を行う時期と場所を知ること、そして靴の紐を結び、オフィスを出て、話すのをやめて、条約の文言を行動に移す時期を知ることだ。
    UNBIS Thesaurus WATER
    SUSTAINABLE CONSUMPTION
    ENVIRONMENT
    BIOLOGICAL DIVERSITY
    Copyright Holder The Authors
    Copyright Year 2012
    Copyright type Creative commons
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 674 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 17 Feb 2017, 16:18:00 JST by Dunbar, William on behalf of UNU IAS