COP11の反省、楽観主義、現実世界

Blasiak, Robert, (2012). COP11の反省、楽観主義、現実世界. ourworld.unu.edu, n/a-n/a

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Website article
    Author Blasiak, Robert
    Title COP11の反省、楽観主義、現実世界
    Appearing in ourworld.unu.edu
    Publication Date 2012-11-19
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Start page n/a
    End page n/a
    Language jpn
    Abstract COP11に出席した約6,000人の代表団は頭の中で様々なことを考えていたに違いないが、特に、「地球・地域・国レベルで、貧困緩和と地球上すべての生物の便益のために、生物多様性の現在の損失速度を顕著に減少させる」という、2010年生物多様性目標を達成できなかった苦い失敗が頭をよぎっていたことだろう。だが、COP11に集まった数千人もの代表団も、へき地の丘の上で働く一握りの人々も、きわめて重要なパズルを構成する大切なピースであることにかわりはない。このパズルは、未来の世代のためにこの地球を守り、また人々の生活の向上をはかることへの楽観的な考え方と責任の共有を土台に、作成が進んでいるものだ。
    UNBIS Thesaurus ECOSYSTEMS
    SUSTAINABLE DEVELOPMENT
    POVERTY
    TREATIES
    BIOLOGICAL DIVERSITY
    Copyright Holder The Authors
    Copyright Year 2012
    Copyright type Creative commons
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 458 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 17 Feb 2017, 16:34:10 JST by Dunbar, William on behalf of UNU IAS