農村回帰:効率に勝るレジリエンス

Blasiak, Robert, (2012). 農村回帰:効率に勝るレジリエンス. ourworld.unu.edu, n/a-n/a

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Website article
    Author Blasiak, Robert
    Title 農村回帰:効率に勝るレジリエンス
    Appearing in ourworld.unu.edu
    Publication Date 2012-05-01
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Start page n/a
    End page n/a
    Language jpn
    Abstract 予測が間違っていなければ、世界の人口は2050年までに90億人に増え、そのうち都市居住者は60億人以上になるという。つまり世界人口の3分の2以上がレジリエンスの欠如を特徴とする地域に住むことになるのだ。経済的な表現をすれば、都市は効率性の典型だが、農村部へ移動する人々の細々とした流れは普遍的な人間の意識の一面を映し出しているものなのかもしれない。長い目で見れば効率性よりレジリエンスが生存のための戦略なのだと。
    UNBIS Thesaurus BIOLOGICAL DIVERSITY
    ECOSYSTEMS
    AGRICULTURE
    Copyright Holder The Author
    Copyright Year 2012
    Copyright type Creative commons
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 656 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 17 Feb 2017, 16:02:54 JST by Dunbar, William on behalf of UNU IAS