FUKUSHIMAグローバルコミュニケーション事業 最終報告書

(2016). FUKUSHIMAグローバルコミュニケーション事業 最終報告書. United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability.

Document type:
Report
Collection:

Metadata
Documents
Versions
Statistics
  • Attached Files (Some files may be inaccessible until you login with your UNU Collections credentials)
    Name Description MIMEType Size Downloads
    FGC_Final_Report_JP.pdf Full text (open access) Click to show the corresponding preview/stream application/pdf; Bytes
  • Sub-type Research report
    Editor Mosneaga, Ana
    Sato, Akiko
    Turner, Nicholas
    Title FUKUSHIMAグローバルコミュニケーション事業 最終報告書
    Publication Date 2016-07
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability
    Pages 49
    Language jpn
    Abstract 本報告書は、FUKUSHIMAグローバルコミュニケーション事業(FGC)の研究成果をまとめています。FGCは、UNU-IASの研究・発信事業として、2011年3月の東日本大震災と福島第一原発事故が人々や社会に与えた影響、および福島の復興課題に着目しました。本報告書は、研究成果を3つのテーマに分けて発表しています:(1)防災(災害リスク軽減)と国際政策からの教訓および国際政策のための教訓、(2)避難問題と生活再建、(3)リスクコミュニケーションと原子力事故。これらは、FGC事業の活動を通して、3.11の影響を理解し、それに対応していくために重要なテーマとして位置づけられました。本報告書は、3.11から派生した、多様かつ多くの場合において根強い社会的・経済的問題がお互いに複雑に絡み合っている性質を分析しています。
    Keyword Nuclear disasters
    Disaster risk reduction
    Displacement
    Livelihoods
    Risk communication
    Copyright Holder United Nations University
    Copyright Year 2016
    Copyright type All rights reserved
    ISBN 9789280845679
    9789280845631
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 418 Abstract Views, 145 File Downloads  -  Detailed Statistics
    Created: Thu, 18 Aug 2016, 10:42:09 JST by Makiko Arima on behalf of UNU IAS