意思決定とジェンダー不平等 -福島原発事故後の「再建」過程における課題-

Shimizu, Nanako (2015). 意思決定とジェンダー不平等 -福島原発事故後の「再建」過程における課題-. Fukushima Global Communication Programme Working Paper Series. United Nations University.

Document type:
Report

Metadata
Documents
Versions
Statistics
  • Attached Files (Some files may be inaccessible until you login with your UNU Collections credentials)
    Name Description MIMEType Size Downloads
    FGC_WP_9_December_2015.pdf FGC_WP_9_December_2015.pdf application/pdf 781.00KB
  • Sub-type Working paper
    Author Shimizu, Nanako
    Title 意思決定とジェンダー不平等 -福島原発事故後の「再建」過程における課題-
    Series Title Fukushima Global Communication Programme Working Paper Series
    Volume/Issue No. 9
    Publication Date 2015-12
    Place of Publication Tokyo
    Publisher United Nations University
    Pages 9
    Language jpn
    Abstract 本稿では、日本の政治・行政分野における意思決定過程における過小な女性の代表性が、原発事故後の支援策の策定においても深刻なジェンダー不平等を発生させ、被災女性たちの支援ニーズを政策に十分に反映できていない事態を招いている問題を考察している。意思決定の場に関与する女性の数の少なさに加えて、政府や自治体による被災住民の意向調査は男性世帯主を対象としたものが多い結果、女性の声を聴くための調査が十分に実施されてこなかった。一方で支援者やジャーナリスト、研究者、被災当事者による被災女性の声の聞き取りと発信作業がこの間続けられてきた。なかでも子育て世代の女性たちの支援ニーズに注目すると、長期間にわたる健康調査の実施と治療への支援、関係する情報の開示、そして被ばくを避ける権利の保障の3点に集約できる。被災者の側に政府や専門家に対する信頼が無い現状を踏まえれば、まずは被災女性の声を聴き、支援ニーズを明らかにしながら政策へと反映する姿勢を示すことが、信頼を少しでも取り戻すうえ重要であり、当事者自身が汚染や被ばくの状況を確認できる体制の整備と、被ばくを避けるための選択肢をニーズに合わせて増やし、支援する政策が求められている。
    UNBIS Thesaurus NUCLEAR ACCIDENTS
    Keyword Women in decision making
    Copyright Holder United Nations University
    Copyright Year 2015
    Copyright type All rights reserved
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Google Scholar Search Google Scholar
    Access Statistics: 823 Abstract Views, 270 File Downloads  -  Detailed Statistics
    Created: Thu, 14 Jan 2016, 12:15:55 JST by Lucia Kovacova on behalf of UNU IAS