能登地域のキノコ・山菜の採取活動と生態系サービス

Nakazawa, Nahoko, Kamiyama, Chiho, Saito, Osamu, Okuro, Toshiya and Takeuchi, Kazuhiko, (2014). 能登地域のキノコ・山菜の採取活動と生態系サービス. 土木学会論文集G(環境)環境システム研究論文集, 70(6), II 141-II 150

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Journal article
    Author Nakazawa, Nahoko
    Kamiyama, Chiho
    Saito, Osamu
    Okuro, Toshiya
    Takeuchi, Kazuhiko
    Title 能登地域のキノコ・山菜の採取活動と生態系サービス
    Appearing in 土木学会論文集G(環境)環境システム研究論文集
    Volume 70
    Issue No. 6
    Publication Date 2014
    Place of Publication Tokyo
    Publisher Japan Society of Civil Engineers
    Start page II 141
    End page II 150
    Language jpn
    Abstract 天然のキノコ・山菜は特用林産物として古くから利用され、その採取活動は様々な生態系サービスと関係している。これらの林産物は市場を介さない自家消費が多く、これまで定量的な価値評価はあまり行われてこなかった。本研究は、石川県七尾市の釶打地区を対象地に聞き取り調査を実施し、採取活動の実態を定量的に明らかにすることで、それらの経済的、文化的価値の評価を試みた。市場価格から金銭換算した結果、天然のキノコ・山菜による供給サービスは比較的高い経済的価値を有していることがわかった。また、文化的サービスの観点からは、採取活動は、その贈答や食文化の継承を通して、地区内外の交流を深めるという社会的意義を担っていること、採取行動と加工処理の過程においても、経験や技術に裏付けられた文化的な価値を有することが示された。
    Keyword Provisioning Services
    Cultural Service
    Non-timber forest products
    In-depth interview
    Ishikawa prefecture
    Copyright Holder Japan Society of Civil Engineers
    Copyright Year 2014
    Copyright type All rights reserved
    ISSN 21856648
    DOI 10.2208/jscejer.70.II_141
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Access Statistics: 197 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Mon, 04 Apr 2016, 16:07:10 JST by Makiko Arima on behalf of UNU IAS