マテリアルフローからみた八丈島の特性評価

Shirai, Kosuke, Kurisu, Kiyo, Saito, Osamu, Aramaki, Toshiya and Hanaki, Keisuke, (2015). マテリアルフローからみた八丈島の特性評価. 環境情報科学論文集, 29 171-176

Document type:
Article

Metadata
Links
Versions
Statistics
  • Sub-type Journal article
    Author Shirai, Kosuke
    Kurisu, Kiyo
    Saito, Osamu
    Aramaki, Toshiya
    Hanaki, Keisuke
    Title マテリアルフローからみた八丈島の特性評価
    Appearing in 環境情報科学論文集
    Volume 29
    Publication Date 2015
    Place of Publication Tokyo
    Publisher Center for Environmental Information Science
    Start page 171
    End page 176
    Language jpn
    Abstract 離島は閉鎖性,隔絶性により独自の特性があると考えられるため八丈島をケーススタディとしてマテリアルフローを調査することでその特性を定量的に把握することを目的とした。用いる数値は統計資料だけでなく,各事業所への直接の聞き取りを行った。結果は,砂浜維持のための砂利・砂等の鉱産物により重量で約10 倍の移入超過であり,一人一日当たりごみ排出量も1,394(g)と全国の値975(g)と比べ大きかった。汚泥,建築廃材はほとんどが循環利用されているが,一般廃棄物については島内にリサイクル施設が存在せず,資源ごみはすべて島外へ移出されていた。以上より八丈島は物質循環性が低くなってしまっていることが明らかとなった。
    UNBIS Thesaurus WASTE MANAGEMENT
    Keyword Remote Island
    Sound material-cycle system
    Copyright Holder Center for Environmental Information Science
    Copyright Year 2015
    Copyright type All rights reserved
  • Versions
    Version Filter Type
  • Citation counts
    Access Statistics: 312 Abstract Views  -  Detailed Statistics
    Created: Fri, 18 Mar 2016, 15:34:57 JST by Makiko Arima on behalf of UNU IAS